Naked

絵を置いたり文章置いたりの情報倉庫。に、なる予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop

アザーズなるもの

グラード歴1237年3月21日

そもそもの始まりは、俺が鼻たれ小僧だった頃から、いや、尻が赤かった頃を知ってる老人に端を発する。

その老人、名を呼ぶものはなく、『柳の爺さん』と呼ばれている。月灯り亭のほど近く(徒歩10分もかからない)にある質屋兼古物商『柳の根っ子亭』の主人だ。
その爺さんから、先日、奇妙な相談が寄せられる。
なんでも「定期的に同じ時計を質に出す客がいる」という奇妙なもの。

普通、質に出した品を引き取るのには利息というか手数料がいる。毎回毎回質に出して引き取ってとは、どこの慈善事業だ。
いやその前に、柳の根っ子亭は冒険者たちが見つけてきた奇妙なアイテムなども取り扱っていて、かなり儲かってるといってもいい。どこの勘違い野郎だ。

謎めいた、事件と奇妙のボーダーラインといえるケース。
好奇心だけが道を通す、そんな相談だ。

ちょうど喫茶店の開店計画を考えていた冒険者の一人と、その仲間たちを駆り出すことにする……。



詳しく話を聞いた冒険者たちは、その時計を質に出す客というのが、トロウの(位は高いほうとは言えないが)“旧華”の若き当主リアセル・アング・フォルマイルだと知る。

そして、質に預けられた時計を詳しく調べた結果、その時計にはレーティ・パルが捨てたとされる特性『14本の時計針』の文様が隠されていることも明らかになった。
この特性は、今はただ見守るだけが最善と思ってるレーティ・パルが、積極的に時の流れに介入しようとした神話の時代、すべてを時の流れに従って動かそうとし、その過ちに気づいて捨てた特性だといわれている。
そして、何らかの魔力反応をその時計から感知する。


この時点で俺や神殿など、しかるべき所と相談しておくべきだったろう。
だが、これは後付けの知恵ってもんか。

時計のことを持ち出して、その若き貴族と会えるように取り計らった冒険者たちは、その居城はすべてが14に汚染されている様を目の当たりにする。
門を守る衛視たちは14人おり、全員が定まった速度で歩き、きっかり196秒後に応接室に案内され(14の2乗は196だ)、応接室には14客の椅子が正円に配置され…等々だ。

そして、柳の爺さんから冒険者が借りた鼻眼鏡、魔力がかかっているものだけを映し出す眼鏡には、当主は一点の曇りもなくその姿が映し出される。
執事や衛視たちは、ほんの幽かにだが、おぼろげに姿が映し出され、部屋中にかかっている時計も、その姿があらわに映し出されている。
なにもかもが異常な館だ。

しかし、そこに一人だけ正常に見える男がいる。当主の双子の弟リアセラーだ。彼は、その鼻眼鏡にも全く姿が現れず、抗魔の力(カウンターマジック)がある指輪だけが見えるだけ。
「 質に出したのは兄ではなく自分。家宝として封印されていた対になる時計を、兄の影武者となるため、封印解除してそれぞれ持ったが、その影響に気づいて捨てようとした 」
といい
「 兄は持っている時間が多すぎてもう手遅れだ。当主が呪いの影響を受けて飲み込まれたとあっては家の存続にかかわる。
 兄の身がどうなってもかまわないから、時計を奪ってほしい。 そうすれば、対の時計を封印できる 」
そう依頼を持ちかける。

その弟に、気づかれぬようにセンスイービルをかけたアルカーナの神官戦士はリアセラーの心に邪悪を発見した。


つくづく、ここらあたりで俺やしかるべき筋に相談すれば…と思うが、今更言ってもしょうがない。


一度退出して情報を整理した結果、冒険者たちは、『弟がこの件にかこつけて兄を殺すつもりだ。そのために、何度も柳亭に質に出して、自然な形で冒険者と接触した』と判断。
そして、あの異様な小世界のなかで一人影響を受けていない(フリ)をしている存在こそが、その異常の主原因だろうと推測した。

そうして、数時間後、再びその貴族の館に赴いた冒険者たちは、リアセラーと余人を排してサシで向かい合い、センスイービルをかけると追い詰める。


たしかに、推測の多くは当たっていた。
センスイービルをかけられると、リアセラーはフォースエクシプロージョンを使って襲いかかってくる。
強大な魔法抵抗力と高度な体術で冒険者たちの攻撃を凌ぐリアセラーは、掌に時計を呼び出して冒険者の一人を操ろうとするが、それに失敗。愕然とする隙を突いて聖戦士が繰り出す斬撃に斃れ伏す。

いわば敵の居城で、ほかに証人なしでやむなくとはいえ相手を殺してしまった。そのことで俺とかが駆けずり回ってした苦労話などは、割愛しよう。




しかし、一つだけ残る謎。
リアセラーが死ぬ直前に残した一言。

「 馬鹿な。アザーズたるこの私が…! 」

この謎は解けない。

上古の時代に使われていたといわれる古い言語では『神に捨てられたもの』を意味するそうだが…。
なんのことだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント

無題

アックスの記録簿風にセッションをまとめてみた。


てく。 | URL | 2007年03月22日(Thu)00:06 [EDIT]




管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。