Naked

絵を置いたり文章置いたりの情報倉庫。に、なる予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop

戦車レースルール

 3人乗りのゲイルホースシューズ付きチャリオットを操縦してレースをするゲームです。3人は「ナビゲーター」「御者」「サポーター」に役割分担されます。
 対象冒険者レベル4~もしくはSABランク。人数は6人または9人が適当です。

[基本ルール]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・1マスは10メートルで、50マス目がゴールです(迂回路などのあるマップではその限りではありません)。
・妨害や事故などでチャリオット全体に全壊の危険が迫った場合は、リタイアにはなるかもしれませんが馬車より馬を護ってください。

●「ナビゲーター」は、ラウンドの最初に『レンジャー/シーフ/セージ+知力』で12を振ってルートを選定します。

 [》成功した分、操縦の目標値が下がります。失敗すると操縦目標値が上がります。

●「御者」は、ナビゲーターの後に冒険者器用判定で目標12を出してください。

 [》それを上回る数値分のマスを進めます。また、意図的に移動力を減らすこともできます。その場合、何マス動くか、御者判定を行った後に宣言してください。
 [》出目で3が出た時、または目標値を下回った場合は、1マスしか進めません。
 [》出目で1ゾロが出た場合、または目標より7下回った場合は【障害判定1d50】をします。
 [》1馬車ラウンドの移動力が8以上の場合、高速移動の衝撃による【損害判定1d50】が発生します。10以上の場合は【損害判定1d100】です。

 また、判定時に宣言することで、以下の行動が可能です。

 ○鞭:馬に鞭をくれることで、操縦目標値を4減らすことができます。ただし、馬車速度が速くなるので衝撃も増し、【損害判定1d50】をする必要があります。なお、これにより移動力が8か10以上になっても、【損害判定】は累積せず、1d50または1d100です。

●「サポーター」は、「妨害」「支援」「修復」など、ナビゲーターと御者が行えない様々な行動を行えます。

 [》妨害が成功すると、対象チームの次のラウンドの「操縦」目標値が2~4上がります。
 [》サポーターは、馬車の損害を【応急処置】できます(※下記参照)。

 ○魔法:フィジカル系のステータス変動をもたらす強化魔法など、18Rしか持たない魔法は、1馬車ラウンドしか持ちません。また、動きだしてからは、「サポート」役の人しか使用できません。

【障害判定と修復判定】
 操縦判定で目標より7下回る、または1ゾロがでると、馬車に致命的な累積ダメージが発生します。

 [》指定されたダイスを振って、その数値が損害として累積します。100になった時点で馬車は故障して行動不能になります(強制的に【停車】の状態になります)。
 [》サポーターが応急処置するには、冒険者器用で16を出す必要があります。また、エンジニア(メカニック)、クラフトマンなどの一般技能を持っている場合、その技能+器用で12を出すと成功します。
   応急処置に成功した場合、2d10の損害を回復できます(6ゾロクリティカルの時は3d10です)。ただし、これで修復できるのは現在の損害の半分のパーセントまでです。

【役割交代】
 移動中に「ナビゲーター」「御者」「サポーター」の役割を交代するのは、ペナルティが発生します。

 [》御者とナビゲーターの両者が役割交換した場合、それぞれ、ナビゲーション判定と操縦判定に-2のペナルティがつきます。
 [》サポーターが御者またはナビゲーターと役割交換した場合、御者なら操縦判定に-2が、ナビゲーターならナビゲーション判定に-2がつきます。
 [》ナビゲーターは、サポーターのサポートをすることもできます。その場合、その馬車ラウンドではナビゲーション判定は行えません。

【停車】
 馬車ラウンドの移動を犠牲にして、戦車を停止することです。この停止中のラウンドでは、以下の特典があります。

 [》停車は以下の3つのタイミングで宣言できます
  1:次のラウンドで停車すると宣言
    →次のラウンドで停車します。3人全員行動可能です。
  2:御者判定前に停車を宣言
    →御者とサポーターは行動可能です。
  3:御者が移動力を放棄して停車
    →サポーターは行動可能です。
 [》役割をノーペナルティで交換できます。
 [》御者やナビゲーターもサポーターの代わりに妨害/サポート行動可能です。ただし、サポーターとして行動できるのは1人までです。
 [》馬車を修理できます。これは、冒険者レベル+器用Bで12以上をだすか、クラフトマン・メカニックなどの一般技能+器用Bで10以上出すことで成功します。
   4以上の差をつけて成功すると、2d10ではなく4d10の修理ができます。また、停車中は二人の人が修理判定することが可能です。
   累積損害の半分のパーセントまでしか修理できないのは、変わりません。



つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。