Naked

絵を置いたり文章置いたりの情報倉庫。に、なる予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop

てく。なるもの

今日は、いただいたコメントにお返事する形で、
てく。なる存在について語ってみよう。
下がいただいたコメント。

さてはて。アザーズなるものをざっと眺めた雑感として「(運営側が)ここまで設定をする意図はどこにあるのだろう?」というのですな。
設定として、あると面白いものだとは思うのだけれども、その一点だけがひっかかる感じ。

 
回答:管理者としての意図なんて何もありませんよ。



さて、最近とても悩んでいます。
 

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

アザースなるもの:サンプル

アザーズ設定を、とある人に投げ込んでみました。

じゃんじゃんアウトプットが来たね!
すげぇアザーズがいっぱいだ!

ということで、それを掲載しつつ。
 
PageTop

アザーズなるもの(裏)

ということで、登場した『アザーズ』。

これって一体なんなのか、と。
覚書のような、整理用のようなメモをのこしてみる。
(以下ネタばれ)

PageTop

アザーズなるもの

グラード歴1237年3月21日

そもそもの始まりは、俺が鼻たれ小僧だった頃から、いや、尻が赤かった頃を知ってる老人に端を発する。

その老人、名を呼ぶものはなく、『柳の爺さん』と呼ばれている。月灯り亭のほど近く(徒歩10分もかからない)にある質屋兼古物商『柳の根っ子亭』の主人だ。
その爺さんから、先日、奇妙な相談が寄せられる。
なんでも「定期的に同じ時計を質に出す客がいる」という奇妙なもの。

普通、質に出した品を引き取るのには利息というか手数料がいる。毎回毎回質に出して引き取ってとは、どこの慈善事業だ。
いやその前に、柳の根っ子亭は冒険者たちが見つけてきた奇妙なアイテムなども取り扱っていて、かなり儲かってるといってもいい。どこの勘違い野郎だ。

謎めいた、事件と奇妙のボーダーラインといえるケース。
好奇心だけが道を通す、そんな相談だ。

ちょうど喫茶店の開店計画を考えていた冒険者の一人と、その仲間たちを駆り出すことにする……。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。